その12 「ローズの誘惑」

 街が光に溢れる12月になると、とりわけ飲みたくなるのがシャンパーニュ。

聖夜を過ごしたい女性を口説くなら、ロゼ・シャンパーニュが断然おしゃれ。ピンク嫌いの女子も、淡いローズピンク・ダイヤの輝きには心ときめくはず。

 ローラン・ペリエは、マセラシオン方式のロゼにこだわる数少ないメゾン。赤ワインと白ワインを混ぜるのではなく、黒葡萄の果皮から色を抜くことで、ロゼを作るんです。

少し銅色がかった落ち着いた色調に、淑女のような優雅な品格を湛えています。

 瓶口をよく見ると、通常と比べて斜めの曲線を描いているのが見えるでしょう?

実はこれ、古い手吹きガラス時代の名残なんです。昔、職人が手仕事で瓶口を成形した際、少しだけ形が歪むことがありました。それを表現したのが、斜めのデザインの由来。

さりげなく、シャンパーニュの歴史へのオマージュを盛り込むところは、さすがローラン・ペリエの技ですね。

 オリオンを見る部屋のなか時鳥 はづき

#rose

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square